MENU
shoujyuji_01_main

文明10年(1478年)より続く聖寿寺・・・

名称「天龍山聖寿寺(てんりゅうざんしょうじゅじ)」は文明10年(1478年)に開創されました。
開山は「教之一訓大和尚(きょうしいっくんだいおしょう)が草庵を結んだことにより始まります。
最初は「崗本山聖寿軒(こうほんざんしょうじゅけん)」と称していました。

寺伝によれば一訓和尚は今川義元の叔父とされています。
また、開基である寺院近く天龍村の門奈美作守正重は、今川家の家人であり五十四石を寄付し聖寿寺を菩提寺とし寺院経営にもあたっています。

しかし、武田信玄が甲斐国より駿河遠江南下の折、武田梅雪の兵による兵火により堂宇が被害を受けています。
また、安政元年の大地震により建物が倒壊、大きな被害を受けましたが、その後再建された本堂が現在にいたります。

現在の名称は3代目住職宗角和尚により改めました。

開山 教之一訓大和尚とは・・・

聖寿寺の親寺である本寺は掛川市大野にある深澤山長松院です。
開山である一訓和尚は長松院の第2代目住職になります。
一訓和尚は聖寿寺を開創した後、島田市湯日にある金龍山養勝寺も開創しその地で寂しています。
地元における阿弥陀巡礼四十八ヶ所の15番目に列し、御詠歌も今に伝わってます。また磐田郡三十三ヶ所観音霊場の4番目にも列し、同様に御詠歌も伝わってます。

聖寿寺の四季

のどかな磐田の地域に佇む「聖寿寺」では、春は桜、夏は緑など季節によって見せる顔も違います。
聖寿寺の檀家様は他府県の方が多く、中には風景を気に入られて檀家に入る方もいらっしゃいます。
ぜひ、季節ごとに違う顔を見せる聖寿寺にお越しください。

境内の東に数十メートルの桜並木があります。
桜の花が自慢です。

春の聖寿寺

境内の東に数十メートルの桜並木があります。
桜の花が自慢です。
田植えのこの時期、水いっぱいの田んぼには逆さ富士ならぬ、逆さ本堂が映ります。

夏の聖寿寺

田植えのこの時期、水いっぱいの田んぼには逆さ富士ならぬ、逆さ本堂が映ります。
お寺の周りの田んぼも畑も、
実りの時期の土の香りが本当に心地よいです。

秋の聖寿寺

お寺の周りの田んぼも畑も、
実りの時期の土の香りが本当に心地よいです。
磐田は冬でも雪知らず、
でも遠州の空っ風はとても寒いのです。

冬の聖寿寺

磐田は冬でも雪知らず、
でも遠州の空っ風はとても寒いのです。